2008年2月 6日 (水)

完成形。

・中古車ページ更新しました。
http://www.hundred-one.com/usedcar.htm

・当店の作業項目の中で、最近多いのがBP-VEエンジンを
NA型にスワップする作業ですね。
この作業を一つのページにまとめました。
http://www.hundred-one.com/bpve.htm

-----------------------------------------------------------------

先日から作製していたGARAGE VARYさんのNBフロントスポイラー用の
カーボンカナードが完成しました!!

作製前はこんな感じでした。

Cimg3946

FRP・黒ゲルコートです。
これがTAJIMAXの手に掛かると・・・。

Cimg3960
さすがのクオリティですね。

Cimg3961
光沢が美しい。カーボンの目が揃っているのが解りますか?
難しい曲面でも、一枚で張り込む技術はサスガです。

そして、裏面にも一工夫

Cimg3962
裏側は敢えてフラットな面にせず、カーボンの質感を活かした仕上がりです。

Cimg3963
フォーミラーのモノコックをイメージして頂くと質感が近いかも・・。
あれはドライカーボンですけどね。

そして、同時にこんな物もハンドレッドワンで製作。

Cimg3922
ウイングの高さを変更してダウンフォース量を増やす為のエクステンションです。

Cimg3923
羽の角度でダウンフォースを増やすとドラッグも増加します。
そこで、フレッシュな気流をウイングに多く当てる為に羽の位置を高くします。
これもカーボン製。手で曲げた位では、ビクともしない位の強度がありますよ。

そしてカナードなどを車両に取付けして完成。

Cimg3966

Cimg3967
夜なので画像が見にくいですが、アンダーパネル・カナードと良い雰囲気です。
空力パーツはサーキットで簡単に脱着・調整出来るので
タイムを狙うなら、便利なアイテムですね。

|

2008年1月26日 (土)

アンダーパネル。

・中古車ページ更新しました。
http://www.hundred-one.com/usedcar.htm

・当店の作業項目の中で、最近多いのがBP-VEエンジンを
NA型にスワップする作業ですね。
この作業を一つのページにまとめました。
http://www.hundred-one.com/bpve.htm

-----------------------------------------------------------------

・ご連絡
エンジン積み替えの4様号。無事に火が入って
MoTeCの初期セッティングまで終りました!
火曜日と水曜日に実走セッティングを行いますので
早ければ水曜夜にご納車出来そうです!!

・当店でメンテナンスさせて頂いているTEAM野兎さんのNB。
耐久レースに参戦されるので、車両作りを開始しました。

その中で、ベニヤのアンダーパネルを作製したのですが、
思いの外、訪れてご覧になったお客様に好評でした。

Cimg3925

Cimg3943

Cimg3945

空力的な意味合いもモチロンですが、
一手間加えるだけで見た目がグッとレーシーになりますよね。
そして一番は大事なFRPのスポイラーがパネルを着ける事によって
多少擦ったくらいでは割れなくなります。

サーキットやコンビニの駐車場(笑)でスポイラーを気にしないで
思う存分走れるようになりますよ。

|

2008年1月25日 (金)

拘わり。

・中古車ページ更新しました。
http://www.hundred-one.com/usedcar.htm

・当店の作業項目の中で、最近多いのがBP-VEエンジンを
NA型にスワップする作業ですね。
この作業を一つのページにまとめました。
http://www.hundred-one.com/bpve.htm

----------------------------------------------------------------------
当店のお客様は一台の車に乗り続け、自分の拘りを持って、
それを具現化する為に努力を惜しまない方が多いですね。

T野さんのM2-1001も、それが良く現れている拘りの一台ですね。
今回の作業『新品部品でエアコン取付け』が終了しました。

Cimg3941
キーワードは軽量化と快適性の両立。

夜に撮影したので解り難いですが、配管類はバフがけしてあります。

こんな所にも拘りが。

Cimg3938
ラジエター・コンデンサーを留めるステーがノーマルの鉄製から変更されています。

こんな細かな軽量化でも、車一台になってくると相当量を軽量化出来ますよ。

|

2008年1月23日 (水)

雪ふりましたね。。

・中古車ページ更新しました。
http://www.hundred-one.com/usedcar.htm

・当店の作業項目の中で、最近多いのがBP-VEエンジンを
NA型にスワップする作業ですね。
この作業を一つのページにまとめました。
http://www.hundred-one.com/bpve.htm

----------------------------------------------------------------------

関東地方にも今年初めての雪が降りましたね。
北国の方に言わせると5cmまでは降ってる事に入らないそうですが、、
都会派な僕は5cmの雪でも大事です。

お預かり中のNA6・4様号
Cimg3953
配線系NA6+NA8+NB8+MoTeCは終りました。

Cimg3936

Cimg3937

ここは得意分野なんでサクサクです。

Cimg3954
内装はほぼ組み上がり。あとはMTを搭載して仕上げですね。

Cimg3951
エンジンは搭載のみ終了です。
予定のレースに間に合う目処がつきました。

今週中に火を入れて、実走セッティングまで行けば順調ですね。

|

2007年12月28日 (金)

来年に向けて。

・年末年始の定休日のご連絡
12月29日(土)より1月7日(月)まで休業日とさせて頂きます。

・中古車ページ更新しました。
http://www.hundred-one.com/usedcar.htm

・当店の作業項目の中で、最近多いのがBP-VEエンジンを
NA型にスワップする作業ですね。
この作業を一つのページにまとめました。
http://www.hundred-one.com/bpve.htm

----------------------------------------------------------------------

今年も残り3日となりましたね。
気温も下がって冬らしくなり、冷たい空気の張った風が一年の締めくくりを感じさせます。

今年一年もハンドレッドワンを御用命頂き誠に有難うございます。
来年も宜しくお願い致します。

さて、来年に向けて・・・、
当店をご贔屓にして頂いています、TEAM野兎様の耐久車両08バージョン製作。

もともとNA型でエビスサーキットの耐久レースに参加していましたが、
今年の最終戦にNB8・Sr3へスイッチ。

サスペンション交換・ブレーキパッド交換くらいの仕様でテスト参戦したところ、
見事、ナンバー付のNクラスにて3位入賞されました。

そして、来年へ向けて本格的に車両製作を開始します。
見た目やエンジン等には手を入れませんが、
ハンドレッドワンのスタイルに沿って、軽くてコントロール性の良い、
勝てる車両作りを目指します。

その第一歩でコーナーウエイト測定。

Cimg3876

Cimg3877

見た目は至って普通ですよね。。中身もノーマルです。
重量は、ガソリンが約20L残っている状態で

Cimg3878

1010Kgですね。エアコン等が無い分、ノーマルよりも少し軽いですけど、
やはりNBは重いですね・・・・・。

Cimg3879

前後重量配分は53.6%対46.4%で、かなりフロントヘビーですよね。
軽量化はフロントを中心に進めて行く事にします。

Cimg3888

まじまじと見て。NBって部品を一通り外した後は軽量化が進まないですね。。
ココからが腕の見せ所かな。

Cimg3886

TEAM野兎の皆さん!2008バージョン、楽しみにしていて下さいね!


------------------------------------------------------------------

来年に向けて、その②

千葉県木更津にサーキット建設が始まってます。
その名も『袖ヶ浦フォレストレースウェイ!!』。
グランツーリスモに出てきそうな名前ですね。。。。

1

場所はアクアライン降りてから15分足らずの所でココです。
全長は2.4kmとありますので、筑波2000よりやや長め程度ながら、
特筆すべきはそのコース幅ッ!狭い所で15M広い所で18M(!)とありますので、
これはかなり追い抜きも楽で走りやすいサーキットに仕上がりそう。。

2

メインストレートも400mありますので、ロドスタで速い車なら5速に入るかも・・。

ピットも6M幅のゴージャスなのが40も用意されるらしーですし、
観客席等も1500〜2000席設置されるらしいです!!
名前の由来にもなっている“フォレストー森”はその数1万本の植樹により、
コースのインフィールド側が森と化すとありますね。
OPEN予定は2009年春!!

ますますサーキット走行が身近で楽しくなりそうですね。
来年もハンドレッドワンとエンジョイしましょう!

宜しくお願いします!!

|

2007年7月 4日 (水)

COOL!!

コチラの更新も時間が空いてしまいました・・。
エンジンやエンジンやエンジン・・・。
ハンドレッドワンをご愛好して頂き感謝です!

話は変わって・・。

2006年に車を一新した当社の青号。
外装に新しくグラフィックが入っています。

そのグラフィックのご紹介。

青号のグラフィックを担当して頂いたのは
HoopingShower』の『TETSU』さん。

Cimg2220

全て手書きで描いていきます。
下書きも無しで、いきなり描いていくので始めて見ると驚きますよ!

Cimg2222

Cimg2224

通常のグラフィックに使う手法以外にも、
色々と拘りを入れて仕上げて頂きました。

車体の青とマッチしていてお気に入りです!

Cimg2570

Cimg2568

Cimg2569

Cimg2571

Cimg2572

当社のHPからLINKさせて頂きました!
ご要望があればSUMIまでご連絡下さい!!

|

2007年2月19日 (月)

青号の製作記。

当社HPの別コーナーで青号の製作記を掲載開始しました!!

http://www.hundred-one.com/bluedemo.htm

286561866_215_1

|

2006年8月11日 (金)

完成!アンダーパネル編

ココの更新も少し日にちが空きました。。

実は毎日バタバタだったので・・・。
この3日間が長かった。

でも、明日からは休みです。
休みじゃない方、スイマセン。

先日、作製したNSXのアンダーパネルを
車両にお取り付けしました!!

Cimg1357

Cimg1358

Cimg1359_1

素晴らしくカッコいいですよ。。

Cimg1361

これで、サクッと3秒台に入れて下さいね!
結果報告を楽しみにしています!!

|

2006年8月 2日 (水)

白青号・・・・。次のステップへ!!

前回、とりあえず転がしただけの状態だったこの車

Cimg1084

シェイクダウンで色々な問題点が見えてきたので
その対策をしつつ、レーシングカーとして生まれ変わる作業を始めます。

いまの状態はこんな感じ・・・。

Cimg1279

エンジンは264°のハイカムで乗り易い仕様だった物を
ストックしてあったサーキット用のピークパワー重視の物へ交換!

Cimg1296

そして配線まで含めたボディなどの軽量化ですね。
こちらはダッシュボード内の配線。

Cimg1270

Cimg1271

これがエアコン・オーディオレスだとココまで少なくなります。

Cimg1276

これだけ不要な配線が出るので全て間引きます。

Cimg1277

室内はこんな感じ。

Cimg1325

ロールバーを溶接タイプへ変更、スポット増し、
配線間引き、メーター交換を予定しています。。

メーターは、、、、これを使います。。。。

Cimg1326

箱を開けると。。。

Cimg1327

中身は。。。

Cimg1329

これが今回のメーター。。デモカーの青号と同じ部品ですね。
そう、MoTeCのダッシュロガーです。

こいつはカナリの優れもの!値段はしますが良い物ですよー。
近いうちにロガーの説明を作ります。。

ダッシュロガーのメイン配線。

Cimg1333

こちらは配線図。当然の様に全て英語です。。。

Cimg1330

こちらは取り扱い説明書。当然ながら英語です・・・・・。

Cimg1332

長いようで短い夏の間に、全て完成させます!
シェイクダウンは9月末に走れるかな。。。

乞う、ご期待!!!

|

2006年8月 1日 (火)

今日のお仕事!良い車です!!

最近の煮詰められたレーシングカーで
今もなお、進化し続ける部分が『空力』です。

ハンドレッドワンも空力性能向上に取り組んできました。

GTウイングやアンダーパネル以外にも
色々と試していますが、それは内緒です(W

今日のお仕事はアンダーパネル製作。

車種は、、NSX!!

Cimg1249_1

Cimg1250_1

NA車を乗っている人間なら気になる存在ですよね。

この車両のオーナーはノーマルエンジンで
TC2000を4秒台・TC1000を39秒台で走ります。

さらなるタイムアップの為にアンダーパネル導入ですね。

Cimg1255_1

まずは、大まかな形に切って車両に取り付けます。

Cimg1252_1

Cimg1253_1

左右のバランスや、バンパーから前に張り出す量を
考えながら形を仕上げていきます。。

Cimg1256_1 

因みに、この張り出し部分、1cm変わるだけで
体感できるほどに変わりますよ。

Cimg1258_1

そして、出来上がったコーナー部分。

Cimg1259

角も丸めてアールをつけているのが解ります?

Cimg1260

ココからは、一度車体から取り外して塗装です。
ベニヤに専用のパテを塗っていきます。

Cimg1265

あまり塗りすぎると重量が増えるので見える部分のみパテをいれます。

Cimg1267

そして、板金と同じ手順で磨いで面を作っていきます。

Cimg1273

この作業はひたすら磨ぐって感じですね。

Cimg1274_2

そして、塗装。エアガンで塗装します。

Cimg1281

あとは乾燥させて取り付ければ終了です。

今回採用したベニヤはぶつけても割れなく、軽い素材です。
加工のし易さも魅力ですね。

ワンオフでの成型・取り付けまで行って当社では
¥15,000-でお受けしています。

高価なフロントスポイラーの保護にもなりますよ!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧