« BP可変バルタイの可能性を考える。。 | トップページ | 白青号・・・・。次のステップへ!! »

2006年8月 1日 (火)

今日のお仕事!良い車です!!

最近の煮詰められたレーシングカーで
今もなお、進化し続ける部分が『空力』です。

ハンドレッドワンも空力性能向上に取り組んできました。

GTウイングやアンダーパネル以外にも
色々と試していますが、それは内緒です(W

今日のお仕事はアンダーパネル製作。

車種は、、NSX!!

Cimg1249_1

Cimg1250_1

NA車を乗っている人間なら気になる存在ですよね。

この車両のオーナーはノーマルエンジンで
TC2000を4秒台・TC1000を39秒台で走ります。

さらなるタイムアップの為にアンダーパネル導入ですね。

Cimg1255_1

まずは、大まかな形に切って車両に取り付けます。

Cimg1252_1

Cimg1253_1

左右のバランスや、バンパーから前に張り出す量を
考えながら形を仕上げていきます。。

Cimg1256_1 

因みに、この張り出し部分、1cm変わるだけで
体感できるほどに変わりますよ。

Cimg1258_1

そして、出来上がったコーナー部分。

Cimg1259

角も丸めてアールをつけているのが解ります?

Cimg1260

ココからは、一度車体から取り外して塗装です。
ベニヤに専用のパテを塗っていきます。

Cimg1265

あまり塗りすぎると重量が増えるので見える部分のみパテをいれます。

Cimg1267

そして、板金と同じ手順で磨いで面を作っていきます。

Cimg1273

この作業はひたすら磨ぐって感じですね。

Cimg1274_2

そして、塗装。エアガンで塗装します。

Cimg1281

あとは乾燥させて取り付ければ終了です。

今回採用したベニヤはぶつけても割れなく、軽い素材です。
加工のし易さも魅力ですね。

ワンオフでの成型・取り付けまで行って当社では
¥15,000-でお受けしています。

高価なフロントスポイラーの保護にもなりますよ!

|

« BP可変バルタイの可能性を考える。。 | トップページ | 白青号・・・・。次のステップへ!! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。