« ロールバー製作記!その4 | トップページ | 今日のお仕事!良い車です!! »

2006年7月29日 (土)

BP可変バルタイの可能性を考える。。

最近、仕事で多いのがBP-VE(NB2以降の可変バルタイ)を
NA等に積み替える仕事です。

ノーマルで160psの出力は魅力的。

しかも、、、耐久性もノーマルエンジンですのでかなりのものです!!

フルコン等を使わないで、ノーマルのECUで制御可能なのも魅力の一つ。。

以前、雑誌ハイパーREVで理想のロードスター像を聞かれ
僕はNAにBP-VEを組み合わせた車両が理想と答えてます。

あと、、インジェクターがマルチホールタイプに変更されていて
霧化効率が上がっているので燃費もGOODです。

コチラはBP-VEのクランクシャフト。

Cimg0851

いつもお世話になっている内燃機屋さんが
スタンダード状態でのダイナミックバランスの
良さに驚いていました。。

Cimg0946

コチラはBP-VEのオイルパンバッフル。
オイルの偏りを軽減する構造になっているのが解ります。
あと、NAのバッフルは薄くペラペラですが、
BP-VEは厚みがあり、クランクの支持剛性を高めていますね。

NAに搭載する作業の流れは、、

・ダッシュボード、エアコン等を取り外し、
Cimg0319

中でNAの配線とBP-VEのエンジン配線を合体させます。
使用するECUはBP-VEの物ですね。

Cimg0318

その他には燃料ポンプや点火系の設定などなど。。

ココで頑張ればノーマルと同じ使い易さになりますので
各設定に妥協はありませんよ!!

・次にエンジン搭載。
エキマニはNAの物が使えます。
エアフロやサクションパイプはBP-VE。
パワステやエアコンは元のNAの物ですね。

Cimg0669

・搭載後の画像
軽井沢MTGで展示してあったのでご覧になられた方も多いと思います。
言われなければ気付かない位に自然な仕上がりですかね?
これでNAの900Kg台の車体に160psですから
遅いわけがありません。

Cimg0666

Cimg0664

当社では今まで15台の実績がありますので
様々な仕様にも対応できますよ!
エンジンのOHの際に一考の価値ありだと思います。

次回はBP-VEをベースとしたチューニングの話を
書きたいと思いますのでお楽しみに!!

|

« ロールバー製作記!その4 | トップページ | 今日のお仕事!良い車です!! »